松崎健 フィル・ロジャース 二人展
 
フィル・ロジャースと松崎健
横堀 聡

 現代の英国を代表する陶芸家フィル・ロジャースの陶芸の源泉は、東洋にあるように見える。特に日本の陶芸は「茶の湯」によってもたらされた“みなす”という粋な計らいをはじめ、心に委ねる陶芸であるように、フィルの陶芸も彼の資性でもある深い精神性が宿っている。既に高い完成度を示しているフィルの陶芸であるが、東洋に対する真摯な眼差しが、益子の陶芸家濱田庄司が目指した“作ったものというより、生まれたものと呼べるようなもの”と言える陶芸をフィル自身が実現する日を約束している。
 松崎健の陶芸は織部焼を基調として展開されてきたが、その行く手には多くの陶芸家が憧れ、ついには超えられなかった織部焼という大きな壁が立ちはだかっていた。それは長い歴史と伝統に守られた強固な砦の様でもあったろう。松崎は師島岡達三から学んだ灰被窯変の技法を受け継ぎ、志野釉は光溢れる灰被耀変金志埜となり、織部焼という呪文から解き放たれたように見える。金や銀という表現法は陶芸家が行き詰った末に陥る袋小路の通例でもあるが、松崎の金志埜は安直に金箔や銀箔を用いることなく、登り窯の炎によって生み出され、有無を言わせぬ美しさを得るに至った。
 2005年夏、松崎健は英国ウエールズで旧知のフィル・ロジャースと再会を果たした。そして2006年春、2人の展覧会が日本で開催されることになった。イギリスの風情溢れるギャラリー・セントアイヴスで開催されるフィル・ロジャースと松崎健の二人展は、心地よいウエールズの香りに満ちているにちがいない。

(益子陶芸美術館学芸員)

Phil Rogers and Ken Matsuzaki

 The origin of Phil Rogers, one of the top British potters of today, seems to be in the East. Japanese pottery has been refined by considering aspects of the tea ceremony and by potters devoting their hearts to their work. Phil’s pottery has a deep soul that comes from his talent as a potter. His pottery has already achieved a high standard and he looks to the East with a serious eye to the day when he will make pottery that is “born rather than made,” which was the aim of Shoji Hamada a potter from Mashiko.

 Ken Matsuzaki’s pottery was developed using the Oribe style, but to make successful Oribe, you must first unlock the secrets of the technique and many potters work in vain to do this. After studying with Tatsuzo Shimaoka, Ken achieved success in producing wood fired work with natural ash and glaze and this released him from his quest to make Oribe. Ken’s natural ash glazed Yohen Kin-Shino shimmers gold and silver. Many potters use gold and silver on their work as a way to get out of a rut. But in Ken’s case he has created the colours with flame and achieved a level of perfect beauty.

 In the summer of 2005, Ken met his old friend Phil in Wales in the UK and the result will be an exhibition in the spring of 2006 in Japan. I believe the exhibition held at Gallery St. Ives with British ambience will be full of the pleasant flavour of Wales.

Satoshi Yokobori,
Curator,
Mashiko Museum of Ceramic Art

表紙
】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【】 【10
11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 【20
21】 【22】 【23】 【24】 【25】 【26】 【27】 【28】 【29】 【30
31】 【32】 【33】 【34】 【35】 【36】 【37】 【38】 【39】 【40】 【41